ブログホーム 絵日記(4歳) LEGO 小児斜視記録 ディズニー 子連れお出かけ おすすめグッズ お勉強 デコパージュ
*

【妊娠33週】入院5日目

昨日の夜
赤ちゃんの
心音聞かせてもらえず

プンプン!って
すねてた
きょんじさんですが

今朝すやすや寝てると



6:30

看護師さんが来て


『心音とりますから分娩室まできてください』

って
ノックも無ければ
おはようございますも無しで
いきなりそれですか

そもそも6:30て
起床時間前っすよ!

まだウトウトしてたんで
目を覚まそうと思って
うがいして顔洗ってたら

『まだですか?』って
催促しに来たよ


ちょっとちょっと
なんなのー?

昨日心音取るの
忘れてたから
焦ってるっしょ?


なんなんだ
この看護師さんは…

頭にハテナマークでてたけど
心音聞いて
赤ちゃんとっても元気で
お腹の張りもそんなに無くって
ひと安心

看護師さんには
『きっとすぐ退院できるよ!だいじょぶ!』

え?本当に?
やったー!
ありがとう看護師さん!

看護師さんへの不信感
ふっとぶ!


お家に帰れるー
うきうき


先生の診察の結果
点滴も2A15に下がりました

何もなければ
月曜日に退院!

その足で里帰って
そのまま里帰り先の病院で
診察してもらってください

とのこと

りょーかいしやしたー!


いよいよ退院です

切迫早産で苦しんでいる
世の妊婦さんたちは
数ヶ月入院するのが
ザラだって

一週間で退院の私は
症状が軽かったんだなあと
思いました


何ヶ月も入院して
状態によっては
起き上がるのもNG
トイレもNG
って人もいるのに

毎日泣いていた私は…
なんて弱いんでしょう



それでも今だに
涙が出ることがあります
元気に産まれてきてくれるまで
不安は消えないよお!



ついつい
悪い方に考えてしまう
女性ホルモン

ザ・マタニティーブルー

これを軽減してくれたのが
PSP様でした

パズルゲームを主にやってました

モンハンやると
ついつい息止めちゃったり
力んじゃったりして

なにより
バイオレンスじゃない?

赤ちゃんによくないわ
ってことで

ピクロスやってまーした





安静には
ジグソーパズルがよさそうだ


夢中になれるもんね






*




【妊娠33週】入院4日目

今日初めて
ナースコールで会話したよ

ナースコールなんて
使ったことなかったから
ナースコール押して
会話できることに驚き
どこにマイクついてるの?

会話とか
盗み聞きできちゃうね
だから私が泣いてたの
医院長先生知ってたのかな

てへ





やばい点が2つ


ひとつめ

点滴で
手が震えるし動悸もやばい

ウテメリンの錠剤
飲んでた時も
やばかったけど

点滴って強いんだねえ

地震だっ!
って思ったら
自分のドキドキだったってのが
何回もあったよ…

手がふるふるしちゃって
ふるふるポテト
上手に作れそうだわなんて

そんな事は
1ミリも考えなかったけどね



ふたつめ

くさい



なにが臭いって
自分が臭い

年末に自宅安静になってから
お風呂に入っていない!!!

めんどくさくてじゃないよ?
入っちゃダメって
言われてたのですよ

いよいよ
やばい臭いになってきました

不潔にしてて
赤ちゃんにばい菌行ったりしない?
だいじょぶ?

心配なんで
入院してから毎日
お風呂入ってないですアピール
しまくってました

そしたらね

明日シャワー使っていいとの
お許しが出ました!

やったー!

命の洗濯!



毎日胎動もしっかりあるし
心音も元気なので
少しずつ
心に余裕が出来てきました

毎日泣いてたけど
たまに泣く位になってきたよ

胎動と
朝晩聞ける
赤ちゃんの心音が
本当に楽しみ!

愛おしいなあ




そんな毎日の生きがいの
心音チェック

『21時に赤ちゃんの心音聞かせてくださいね』
って言って
看護師さん結局来なかった!

おーい
どーなってるのー?
ずっと待ってたのにー


この病院のこうゆう
ルーズなところには
慣れないです

早く退院したーい





マタニティパジャマとか
準備すればよかったー
ずーとスウェットだったわー











【妊娠33週】入院3日目


検温と心音チェック!

昨日は
まる一日
心音チェックしなかったなあ
基本放置されてたなあ…

朝起こされる時間も昨日と違うし
トイレの回数とか
聞かれたり聞かれなかったり
検温あったりなかったり…

どうやら
看護師さんによって違うみたい

ゆ、ゆるい!




おなかに機械つける検査
NST(ノンストレステスト)も
やったよー!!

【NST(ノンストレステスト)】
赤ちゃんは元気かリアルタイムで知るための検査

モニターとりましょうとか
機械つけましょーとか
病院や看護師さんによって
呼び方はさまざま
分娩前胎児心拍モニタリング!

お腹に
赤ちゃんの心拍を取る機械と
お腹の張りを調べる機会
2つくっつけて検査します

グラフには上下に2本の波線が出ます。

上の波線は赤ちゃんの心拍(胎児心拍数)
・ギザギザが多いほど元気
・心拍数は120〜160回くらいが正常値
・赤ちゃんが元気がなかったり、胎盤の機能が落ちてきている時は心拍数が下がり、グラフには谷ができる
・下がり方によっては、再検査、入院、緊急帝王切開などになる場合がある

下の波線はお腹の張り(子宮収縮)
・お腹の張りをキャッチすると山ができる
・張りが頻繁だったり痛みを伴うようであれば、切迫早産と診断され、薬を内服したり入院になることもある

私はまさにコレ

まだ張りのグラフは
一直線でいい時期なのに
山がたくさんできてました

モニター取りながら
張りよおさまれー
まっすぐになれー
まっすぐになれーと
念を送ったりしましたが
お腹の張りは収まらず

少し弱くなった点滴のお薬を
また元に戻しました…

がーん


相変わらず
赤ちゃんは
たっくさん動いてくれて
ネガティブになってる
私を
慰めてくれてるようです


胎動とごはんと駅伝の時以外
基本悲しい気持ちで
まだまだ涙がでてくるけど

今日は
放置されてないだけいいな

面会の旦那さんが帰っちゃうと
いよいよ悲しさメーターが
振り切れそうになるので

携帯に
赤ちゃんの名前を打って
眺めてみたりしたよ

ぼんやり眺めて

あ、草冠多いな

って思ったりしてた


暗い。




入院生活、まだまだつづく!






【妊娠32週】入院2日目

昨日の夜入院したんで
1日目感ありますが
2日目ということで。


便意を催しトイレに行く

いつまでたっても
お掃除のおじさんが
トイレにいる


「どうぞー使えますよ」

おっさんいるのに
うんこすんのやだな

てゆーか
点滴してるから
トイレのドア
全部閉められないんだが…


まあ
どうぞーって言われてるのに
断るのもあれなんで
なんか嫌だけど
用を足すことに

ドアの隙間から
おっさんが
作業してるのが見える

便意ひっこむ

なんだよこのストレスー


看護師さんも
先生も来ない

病室に一人ぼっちー


てゆーか
赤ちゃん元気なの?
だいじょぶなの?

入院したものの
不安が和らがない!


朝体温測って
それから
ずーっと放置

ごはんだけ支給される
それ以外
ずーっと放置


面会に
旦那さんが来てくれた

昨日の夜会ってるのに
すんごい長い間
会ってなかったような


入院2日目にして
もうすでに
ホームシック的な感じ


自分がどんな状態なのか
まったくわからない

出血は
もうほとんど無いけど

赤ちゃんに
つらい思い
させちゃったとか

いろいろ考えてしまう

不安すぎて
涙が出てきた


これが
マタニティブルーというやつか

なんか
よくわかんないけど
悲しくて悲しくて
さびしくてさびしくて
気持ちが抑えられなくて

涙がぽろぽろでてくる




ごはんがおいしいことだけが
唯一の救い



つづく





【妊娠32週】再び出血

あけまして
おめでとうございます!

いよいよもうすぐ
赤ちゃんに会えるね
なんて言ったりして
だらだらすごしてました

年末に出血し
自宅安静と言われていました

自宅安静って
家から出なければ
いいんだと思ってました

違うんだって。



その人の状態によって
安静度は変わるみたいだけど

【自宅安静】
家事や外出は基本的にはNG。
食事、トイレ以外の行動は必要最低限に抑える。
1日じゅうベッドに横になっている必要がある。


知らなかったわー

というわけで
もちろん
起き上がってたし
普通に年越しそば作ったり
動き回ってましたよ

安静にしなきゃってことで
パソコンで
脱出ゲームとかやってた

今考えたら
長時間同じ体勢で
パソコンってのも
よくなかったなあ


まあ
安静の意味をはき違えて
過ごしてましたよ

そしたらね

22:00再び出血

こりゃ大変だってことで
病院に電話


「生理2日目位の出血がありまして…だいじょうぶでしょうか…」

そしたらね
前回の優しい看護師さんとは
違う看護師さんで

ちょーサバサバしてて
当りが冷たいの

『受診したいのかどうか本人が決めないとどうしょうもない』

と突き放される!

看護師さんの言う事
もっともだけど
もう少し優しくしてくれても…

ビクビクして
「では検討して折り返します」って
ビジネスマンかって感じで
電話切る

あわわわわわ

今振り返って考えると
検討も何も
不安なら受診すりゃいいのにね
でも当時はてんぱってたのです!


でもってその直後
トイレに行くと

きゃーまた出血が!
しかも増えてる!

検討するもなにも受診!
って思って病院に電話

そしたらね今度は
いっきなり

『先生に聞いてみましたが、そのまま出血が減るようなら様子を見て明日受診してください』

となだめられる。


「いや、受診させてください!出血が増えてるんです!!」

という流れで
前回同様
タクシーを呼ぶのでありました





23:00頃受診

これまた前回同様
おっきい妊婦みたいな先生

診察の結果
入院ということに。

子宮頸管の長さとか
そーゆうのは特に
何も言ってませんでした

ウテメリンというお薬を
点滴しました
2A20ml/h点滴
この点滴は
24時間繋ぎっぱなしになります



サバサバ看護師さん
サバサバしてるから
パンツまではかせてくれた…

でも
はかせてくれたパンツが
前後逆ですとは
気まずくて言えない


おなかに機械を付けて
心音とか張りを調べる
おなかの張りが
いまいちわからない私

『今張ってるのわかりますか?』
って看護師さんに言われたけど

全然分からなかった
というか
今まで胎動だと思ってた…



病室は3人部屋
だけど
他に入院してる人いないから
貸切状態

夜だからか
古いからか
なんか暗くてさびしい病室



ゆるい病院らしく
部屋で携帯電話もOK

サバサバ『たいした機材置いてないですから、電話しちゃっていいですよ』
ここで初めて
ニコって笑ってくれた

ちょっとほっとした

これがツンデレか



旦那さんとお別れ
さびしいのと
赤ちゃんが心配なので
なんだか
悲しい気持ちになりました



夜中は
なぜか点滴の警報ブザーが
何回も鳴りましたよ

検知不良だとか空液だとか

そのたびサバサバ看護婦さんに
「鳴っちゃいました…」って
誤作動を止めるのをお願いしたよ

それでも
しょっちゅう
プープープープー
警報が鳴る

しかも産まれそうな人がいて
呼んでも
なかなか気付いてもらえない

プープー鳴る点滴と
立ちすくむ私

孤独




サバサバこわいし
止め方覚えて
自分で止めることにした

点滴の機械に
少しだけ強くなった

そんな入院初日でしたとさ


つづく







よく読まれている記事

カテゴリー

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM