ブログホーム 絵日記(4歳) LEGO 小児斜視記録 ディズニー 子連れお出かけ おすすめグッズ お勉強 デコパージュ
*

新生児と新米ママ完母への道

おっぱいとミルク


【完母】
粉ミルクを使わずに母乳で育てること
完全母乳の略

【完ミ】
完全ミルクの略

【混合】
母乳も粉ミルクもあげていること


母乳の方が免疫が高まるとか
強くなるとか聞くけど

ミルクで育った私

誰よりも風邪ひかないし
からだも丈夫!

だから

母乳で育てたいとか
そういうことも考えたことなくて

おっぱい出たらあげて
出なかったら
ミルクにしよーて思ってたんです



私を担当してくれた看護士さん
(母乳がいっぱい出そうな全部おっきい人だった)


このおっきい看護士さんが

「やっぱり母乳で育てたいわよね〜!」
「母乳は赤ちゃんとの根気比べ!」
「ママ、もうちょっと頑張ってみよう!」
てな感じで

熱心におっぱいの
お世話をしてくれたよ

朝も昼も夜も深夜も
すごく気にかけてくれて…

この看護士さんに
まんまと洗脳され…

わたくし気づけば
“目指せ完母!”
になってました


しかーし!
全然おっぱいが出てないみたいで
ぷっぷくが泣く泣く

授乳回数は8〜10回なんだけど
授乳時間が30分とか

30分あげても
おっぱいを離すと怒る!

おっぱいからっぽだよおおお

そして仕方なく
ミルクを作るという流れ…

看護士さんの言う
根気比べというのは
おっぱいが出なくても
ミルクをあげずに
ずっと吸わせるってことです

なぜならば
母乳に関わる
「プロラクチン」と「オキシトシン」
この2種類のホルモンは
赤ちゃんが乳首を吸うことによって刺激され
盛んに分泌されるみたいよ

なので
赤ちゃんが一生懸命
吸うことによって
だーんだんと
母乳が出てくるようになるのです


それにしたって
腰痛いし
眠いし
赤ちゃんも泣いてかわいそうだし

おっぱいが出ないって大変…

完母への道は険しい
どうなることやら










*




母性本能

母子同室

ため息が出るほど可愛い



ふにって笑ったり
おでこにシワよせてみたり

いろんな顔して楽しい

いつまででも見てられるわあ


赤ちゃんってちっちゃいんだね
洋服ブッカブカだし
体もふにゃふにゃ





守ってあげなきゃ!









出産後記

出産後記


分娩台って
なんであんな高い位置にあるんだろう…
分娩台に上がるのも一苦労

ふと大学ん時の
人間学という授業を思い出しました

主に人間の性についての授業で

避妊、出産、
赤ちゃんのこととか学びました



あんまり覚えてないけど
病院の分娩台は高くて明るくて
赤ちゃんもお母さんも緊張する
みたいなこと言ってて

その時は

へえ
そうなのかねえー
なんて聞いてたけど

いざ自分がなってみると
確かにそうかも!

分娩台高い!
明るい!

電気が手術室っぽいやつだった

確かにリラックスはしないかも…
百聞は一見に如かず!




ここでもう一つ思い出すのが
『オキシトシン』
別名:愛のホルモン

授業は毎回
大半がオキシトシンの話だったなあ



ウィキペディアだと
・分娩時の子宮収縮させる。
・乳腺の筋線維を収縮させて乳汁分泌を促す。
・子宮収縮薬や陣痛促進剤をはじめ、さまざまな医学的場面で使用される。
・男性にも普遍的に存在することが判明

とか堅いことしか書いてないんだけど



私の記憶が正しければ
オキシトシンは

痛みを和らげる!
記憶を消す!

こんな作用があるとかないとか。



オキシトシンが分泌されなかったら
もっともっと気絶する位痛いって。

そんで
どんなに陣痛が痛くても
出産が辛くてもまた産みたいと思えるのは
次の出産のために
その痛みの記憶を抑制しちゃう
オキシトシンの力だとか。

なんかすごいよね


出産の場面以外でも
ぎゅーっと抱きしめたりすると
オキシトシンが出るとか。


ちょっともう何年も前の授業だから
ほとんど覚えて無くって
盛ってる部分もあるかもだけど

必修の単位取るために受けた授業で
適当に聞いてたのに覚えてました

印象に残ってたんだあ

もっとちゃんと聞いときゃよかったー
授業受け直したい!



そんな授業の記憶があったので
出産は

「オキシトシンが痛みを和らげてくれる(はず)」と信じて
望むことができました


だからか
確かに陣痛は痛かったけど
どんなんだったかっていうと
あんまーり覚えてなくって

どっちかっていうと
もうちょっと痛くなるのかな?
って思ったくらいでした
(これもオキシトシンのしわざ?)

産まれるときも
にゅるんってあっさり出てきてくれたので
本当私はなんもしなかったなあ

初産なのに
分娩台に上がって30分で生まれてくれた
たぶん
赤ちゃんが一番頑張ってくれたんだな…

と思っています。





気のせいかもしれないけど
少し不思議なことがありました

もうすぐ産まれるって時

旦那さんがまだ到着してなくって
『次痛くなったらいきんじゃいましょう』
ってな展開になったとき


痛みの間隔が空いたんです。


赤ちゃんが
『お父さんが来るの待つ!』
って言っているみたいに

痛いのがおさまっちゃったの。



そんで旦那さんが到着して
すぐ痛いの来て
2回いきんで産まれました

滑り込みセーフとはまさにこのこと。



私は
旦那さんに立ち会って欲しかったから
赤ちゃんもそう思ってたのかな
って思うとすごい嬉しいなあ

偶然と言われればそこまでだけど
でも
赤ちゃんとお母さんは繋がってる!
心からそう思いました

なんかよくわかんないけど
赤ちゃんはすごい!




というわけで
今回の出産で学んだこと

私が思っていたより
ずっとずっと
赤ちゃんのパワーはすごい。








産後の現実

おはようございます



睡眠薬のおかげで

ノンストップで朝まで眠れましたー



ぐっすり!







そして

起きてみてびっくり







からだが…痛い!

動かない…





お腹も腰もお尻も痛い!!!



ごはんは1階の食堂に

行かないといけないんだけど

(病室は2階)

小さな産院だから

エレベーターとか無いから



階段を一段一段

手すりにしがみついて

ひーひー言いながら降りました





こんなハズじゃなかった…



妊娠中

お腹が大きくて思うように動けなくって

ストレスだったんですね



走りたいとかジャンプしたいとか

いろいろ我慢してたもんで



『出産したら翌日からバク転の練習を始めよう』

『ちっこいスケートボード買おう♪』



私はこんなことを目論んでいました



しかし!





現実は大変なのです!







10ヶ月かけて大きくなったお腹

赤ちゃんがいなくなって

急激に元の体に戻ろうとします。



【産後の肥立ち】と呼んだりします





【子宮】

妊娠前の子宮の大きさは

鶏の卵を少し平たくしたような形で重さは約40g強



それが妊娠後期になると…

長さや幅は約6倍

重さは約20倍!

容積はなななななんと2000倍から2500倍!





胃の高さまで膨らんでいた子宮は約6週間かけて、妊娠前の元の大きさに戻ります

もどる期間を「産褥期」と呼びます



子宮、ありがと!お疲れ様!





【後陣痛】

子宮の収縮に伴い、強い痛みを感じます



そりゃ10ヶ月かけて大きくなったのが

急いで縮んでるんだもん

痛いよねえ…



痛みは2〜3日間つづきます…



出産が終われば

痛いのが終わると思ってたよ…









【悪露】

悪いロシアじゃありません



出産時の出血の残りや胎児の卵膜

子宮内膜のかけらなどが出てきます



これが厄介で

なんていうか怖かった



いっぱい血が出てきます



産後こんなことが起こるなんて

知らなかった…



悪露がある間はトイレの後は清浄綿で拭きます



でも縫合の傷が腫れてたりで

拭くのも怖い!



毎回恐る恐るでした…



ちなみに悪露は1ヶ月位出続けます…







【会陰切開の傷】

私は自然裂傷ですがね…

分娩直後に傷を縫合してもらって



最初の2〜3日は傷そのものが痛み

その後は縫合した糸がつって痛い





【おしり】

痔ね。

完全に悪化



痛い



股全体が痛いわ!

円座がないと座れません。









産後は痛いことだらけ!





なんて過酷なんだ…









って思ったけども



我が子を見るとそんな痛み

ふっとぶわああああ















これほしいー












後産

家族三人で
初の家族写真も撮ってもらったよ!

あと胎盤ってやつも見ました
結構な迫力でした…

これが赤ちゃんを守ってたのかあ…
しみじみ


そういえば
腹をグーっと押されたんだけど
それが結構痛かった

陣痛では
意地でも声出さなかったけど
お腹押された時は弱音を吐きました…


だって
なんか産むときより痛かったんだもん…

きっと産む時は
オキシトシンパワーが全開だったんだろうな

会陰切開はしなかったんだけど
自然に切れてたらしく
その部分を縫ってもらったよ

自然に切れるって
すごい痛そうな気がするけど
切れたとき全然気付かなかった
まったく痛くなかったわあ

陣痛に紛れてわかんなかったのか
これも
オキシトシンパワーだね

そういえば
おっぱいも飲ませたよ
全然でなくて
黄色のがプチュっと少し出るだけだったけど
赤ちゃんの口に当てると
一生懸命飲もうとしてた

これこそまさに生命力

写真を撮ったりして
ひと段落したら
旦那さんは帰って行きました

先生はいつの間にかいなくなってた!
お礼言いたかったのに!



出産直後は
しばらく分娩台で安静にしてから病室に戻ります

その間助産師さんが
赤ちゃんの胎内記憶とか
いろんな話をしてくれたよ
とっても楽しかったあ

そんでさあ
おしっこ溜まってるだろうから
トイレ行ってきていいですよって
言われてトイレ行ったんだけど

でないの

おしっこしたい感じはあるのに
出せないの

助産師さんいわく
出産直後はにぶくなって
出ない場合があるとか

長いことトイレで頑張ったけど
やっぱりうまく出せない!

というわけで
人生初の管通しました!

まだ
オキシトシン様が発動してるのか
まったく痛くなく

おしっことってるのも気づかない位!

どんだけ鈍ってるの私の膀胱。

『普通の時だったら漏らしちゃうくらい溜まってましたよ♪』
って言われました

えへへ

もらさなくってよかったあ


うんこはもらしたかわかんないけど
旦那さん曰く
出てなかったとのこと

一安心!




ここの産院は
翌日から母子同室なので
ゆっくり眠れるのは今夜だけ

しかも
時は既に午前様

睡眠薬を飲みますかと聞かれる


すすすす、睡眠薬!?


普段お薬を飲まない私は
お薬が恐いんです

お薬初心者の私が…

私が睡眠薬?!

睡眠薬って
テレビドラマの
殺人事件に使うものだと思ってたので


まさか…
や…殺られる…?!


丁重に必死にお断り
「大丈夫です。寝るの得意なので!飲まなくても眠れます!」


でもふと考えてみた

産後興奮して眠れないよーって
友達が言ってたなあ

それに
あんなに頻尿だったのに
おしっこ出せなくなる位
カラダが変化しちゃってるし

もしかして本当に眠れないかも…

なにより
明日から赤ちゃんのお世話を
全力でやるためには
睡眠薬に挑戦するべきではないか…



「飲みます!睡眠薬、飲ませてください!!!」




出産報告メールを
送りまくりたい気持ちを抑え

睡眠薬と子宮を収縮させるお薬を飲んで即就寝!




以上出産レポートでした!







よく読まれている記事

カテゴリー

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM