ブログホーム 絵日記(4歳) LEGO 小児斜視記録 ディズニー 子連れお出かけ おすすめグッズ お勉強 デコパージュ
*

ビビディバビディブティックでラプンツェルに変身する時の5つの注意点!

育児ブログぷっぷくほっぺにようこそ!

ぷっぷくの母、きょうこです。

 

前回の続き


夏は暑くて冬は寒いディズニー…

小さなプリンセスに楽しんでもらうために
親ができることとは?

髪が長いラプンツェル特有の注意点を含め紹介していきます
P2093760.JPG

ビビディバビディブティックでラプンツェルに変身する時の5つの注意点! 

スタートです!


まずは季節が冬の場合!
ディズニーは海風も吹き込むため、めっちゃくちゃ寒いです。

そして最初に言っておきましょう。

こどもはドレスを着たら上着を着たがりません。

これ絶対です笑

インスタで交流できたママさんは3日間のお泊りディズニーで3日間すべてドレスで過ごしたとおっしゃってました。

それくらい、マジなドレスの魅力ってすごいんですw


親としてもせっかくだから注意したくないし、ドレス姿で歩かせてあげたいですよね。

そこで私が用意したのがこちら!

ドレスの下に着込む服たち!
iPhoneImage.png
上から
・ヒートテック(ズボン)
・毛糸のパンツ
・白タイツ
・白靴下
・腹巻
・白いカーディガン
・白のタートルネック
・ピンクの雪の結晶模様のタートルネック


念には念をということで
この服をすべて持って行きました

ちなみに娘はヒートテック、腹巻、カーディガンは着ませんでした…


一番のオススメはこの2着
iPhoneImage.png
必殺タートルネックの2枚重ね!

もちろんヒートテックでも可

首周りがあいている下手な長袖より
タートルネックにしてしまったほうがかわいいです。

白のふわふわタートルネックがあれば
どのプリンセスでも合います
P2093868.JPG
↑下に着ているタートルネックの首の方が長い時は折ってあげると◎

注意点1つ目は
1.上着を着たがらなくても心配にならない服を選ぶ!

ラプンツェルの袖ですが、伸びる素材なので着こんでも意外といけます

しかも!
意外と知られていないのですが袖を肩に収納することもできます!
※単にフワッとしたスリーブに押し込むだけなのですが…

というわけで冬は
中に着込むことをオススメします。



そして夏の場合!

もしもオレンジ色のTシャツの肌着を着て言ってしまった場合を想定してみましょう。
P2093870.JPG
悪夢です!笑

せっかくのドレスが台無しですね…

肌着はキャミソールタイプ・色は絶対白がオススメです!

というわけで注意点2つ目は
2.ドレスとあわせて着ることを考える!

先ほどの長袖の件でもそうですが
形、色味すべて考慮してあげましょう!

どうせ着ないから…と
アウターを手抜きしてしまうのももったいないです

我が家はお誕生日にもらったジェラートピケのポンチョを愛用しています★

ドレスにぴったりです!

▲ジェラートピケのポンチョ

せっかく大枚はたくのですからw
全員ハッピーになって帰りたいですよね

楽天だとキャサリンコテージが安いわ可愛いわでオススメです

注意点3つ目!
3.おしゃれは足元から!

冬の場合
タイツと靴下の2枚履きにしました

ビビディの靴はシンプルなものなので寒いです。
タイツと靴下だけだった娘の足は冷たくなっていました!!!

靴のサイズに余裕があればタイツと靴下×2でも良いんじゃないかと思うほど。

冬はブーツを嫌がる子急増!
(確かに、せっかくのドレスなのにムートンブーツ履かせるのはちょっと…)

夏の場合はタイツを嫌がる子が急増!
なんせ暑いですから!

そしてドレスに靴下は付きません。
緑とオレンジの水玉〜♪とか履いていったら残念プリンセスになってしまいます…

※特にラプンツェルやアナのスカートはくるぶしまで見える場合があります。靴下のデザイン重要です。

ドレスに合うかわいい靴下を持参してあげてください。



そして靴つながり4つ目の注意点

4.試着するときは冷静に!

タイツ×靴下を履くと足のサイズも変わってきます。
ビビディはブティック内にいるうちはドレスや靴の交換が可能です。

しかし
一歩ブティック外に出てしまうと返品ができません。

パークをたくさん歩くので靴が一番重要です
足が痛くなってしまっては
せっかくの思い出が悲しいものになってしまいます。

オーガンジーを使っているドレス(シンデレラやベル)は首周りがチクチクすることがあるようです。
※娘はシンデレラのドレスでチクチクに悩まされました涙

子供はドレスを着て舞い上がっています

試着の際に、もしくはブティックを出る前に
とりあえず冷静になって気になる場所がないか聞いてあげましょう


最後にラプンツェル特有の注意点!
5.髪の毛が崩れる!&トイレにポチャン

すごいボリュームの髪なので
あたりまえに崩れてきます。
P2093727.JPG

ちなみにどのような構造になっているのかというと…
P2093806.JPG
編みこみをした編みこみ部分に
ヘアピースを“ピンで”とめてあります

ボリュームたっぷりの超ロングウィッグをヘアピンのみで固定しています。
正直、無理があります。

ヘアピースを一緒に編みこんでいるわけではないのでピンが緩んだり、お花の髪飾りが取れかかったりします
P2093807.JPG
▲ピンクのお花のバレッタが取れかかっている

これはブティックのお姉さんの腕前をもってしても、子供の激しさには敵いません。

そしてここからは完全に体験談なのですが

ブティックでとめてもらったピンが緩んだ時、留めてあるものを一度取って素人が付け直すと、もっと崩れます!笑

なので!

アメピンとUピンは持参し、緩んだと思ったらその近くを増し留めするのがオススメです
取れちゃってるの以外は無理に外さない方がベターです

あとは髪全体を編みこむことに慣れてない子がほとんどだと思います。

髪の生え方に逆らって編みこみするので
大体アホ毛が出てきます

P2093839.JPG
分かりにくいですが向かって左のお花の隣あたり
ぴょんぴょんって髪が飛び出てます

こういうのが、重要な写真の時に目立ってしまったりします。

アメピンでとめるか、ワックスでちょっと抑えてあげると◎です

※ビビディで使われている整髪量は低刺激だと思います。バリバリに固まらないから。

大人が使うようなちょっとハードなワックスを付けてあげると落ち着くと良いと思います

※肌が弱い子は注意してあげてください

そして長い髪で油断していると…

【汚いです!閲覧注意】


ヘアウィッグが便器の中に入っちゃいます!


トイレの時は髪の毛を抱っこさせるかピンで留めてあげてください。

個人的には髪を持ち上げてピンで留めると髪型が崩れる可能性があるので、抱っこスタイルをオススメします。

※アトラクションに乗るときはピンで留めるように言われることがあります。

ラプンツェルの髪型の時のみブティックからピンを数本渡されます。
どうか最大限に活用してかわいい髪形を保ってあげてください★

ちなみに渡されたアメピンで紙を留めると崩れやすいです
アメピンよりヘアクリップ!

こういうやつの方が髪は崩れないでしょう


そして他に何かある?と言われたら
あったら便利なのがお土産用の袋でしょうか?

お化粧セット等はビビディバビディブティックのかわいい紙袋に入れて持ち帰ります。

きれいにとっておきたいなら、中身を持参の袋に入れ替え、紙袋はたたんでしまっておきましょう!


では最後に持ち物チェック表!

ラプンツェルの衣装を選んだ場合
 


白靴下orタイツ

お姫様キャミソール

プリンセスなアウター

パスカル

フライパン

ヘアクリップ

アメピン

お土産袋



以上!
ビビディバビディブティックでラプンツェルに変身する時の5つの注意点でした!

どうかどうか
夢見るプリンセスにとって最高の一日になりますように〜♪


 


ビビディバビディブティック体験記を最初から読む
オーロラ
シンデレラ
ラプンツェル
 




----------------------------


子連れディズニーの記事はこちら  
 【ランド】【シー


レゴをこよなく愛す  

ぷっぷくの母のレゴへのラブレター  

レゴデュプロについてはこちら  

レゴシリーズについてはこちら


大人気!
 イラストブログの目次はこちら


----------------------------


ツイッターやインスタを

フォローしてくださっている読者さんは

是非コメントください。

私もフォローさせていただきたいです♪))


twitter

instagram


youtube

ぷっぷくチャンネル


筆者デザイン手刷りTシャツ

hoppe公式shop


 

 

 

20150417_5.jpg にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ
20150417_4.jpg
スペース


記事が気に入ったらいいね!しよう



ツイッターデビューしてみました。

スペース





スペース
*




この記事のトラックバックURL
トラックバック

よく読まれている記事

カテゴリー

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM