ブログホーム 絵日記(4歳) LEGO 小児斜視記録 ディズニー 子連れお出かけ おすすめグッズ お勉強 デコパージュ
*

子どもと読みたい本No.1「いいタッチわるいタッチ」

育児ブログぷっぷくほっぺにようこそ!
ぷっぷくの母(@ky0nzi)きょうこです。

子どもと読みたい本No.1「いいタッチわるいタッチ」

 

我が家は、娘がお話できるようになった頃から、少しずつ性についてお話しています。


関連記事
2歳からの性教育

 

夏になると、プールや海に行く機会が増えます。

 

幼稚園のプールでは人前で着替えますね。

 

“肌を出す”

“他人の前で着替える”事が増えるのでこの本を読んでおこうと思いました。

 

※幼稚園を疑っているとかそういうことでは無いです。

 

とにかく、性被害から子どもたちを守りたいという気持ちが強いです。

 

“分かりやすく伝えてくれる”という意味で


いいタッチわるいタッチは、とてもおすすめ。

 

プールに遊びに行ったワンちゃんたちが

 

「お口と、水着で隠れている場所は、自分だけの大切な場所」と教えられるところから始まります。

 

去年読んだときは、ぽかーんとしていましたが

 

今年は娘は「へぇ、そうなんだ!」とかなり意欲的に理解しようとしてくれました。

 

“水着で隠れている場所”って、とても分かりやすいよね。

 

いいタッチとわるいタッチの違いが書いてあります。

 

娘は頷きながら聞いていました。

 

 

私が心を打たれたのは次の一文

 

もしも誰かが触ってきたとき、悪いタッチと感じたら「いやだ」と言っても大丈夫。

 

子どもって、相当な気遣い屋さんだと思うんです。

 

「この人、知ってる」とか

「やさしい人…のはず…」とか

 

そういう事から「いやだ」って言えない子がほとんど。

 

「いやだ」って言っていいんだよ

それが、たとえ知っている人でも。

 

 

悪いタッチはすぐ逃げる

そして誰かに話をする。

 

言えない子は、どのくらいいるのだろう。

 

そもそも「わるいタッチ」が分からない子も多いと思う。

 

その為にも

・いいタッチ、悪いタッチの違いを理解する

・「いやだ」と言っていい

・すぐ逃げる。誰かに話す。

 

これは絶対に子どもたちに伝えておきたいことです。

 

とってもわかりやすいです。

是非、読んでみてください。

 

性教育って、自分を大切にするためのものだと思っていて。

 

早すぎるってことは無い。

 

何事も伝え方次第でしょう。

 

関連記事

4歳、この時期に性教育をしておく重要さ

 


----------------------------
更新の励みになりますっ!
それぞれ一度ずつクリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ
ディズニーリゾートランキング
いつも応援ありがとうございます(´-`)
----------------------------

記事が気に入ったらいいね!

 


当ブログはコメント欄がございません。
御用の方はfacebook等SNSよりご連絡ください。

JUGEMテーマ:絵本紹介


*




この記事のトラックバックURL
トラックバック

よく読まれている記事

カテゴリー

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM