「汚い」というベビーサインが本当に汚かった話

アクセスありがとうございます!

2013年2月&2019年3月
早生まれ姉妹の母(@ky0nzi)きょうこです。

ベビーサインで、たくさん意思表示をしてくれるようになりました。

おしゃべりできない時に、何を考えているのか明確に分かるってすごくて。

例えばラクダをみて「いぬ」のベビーサインをしたら

「あ、ラクダをいぬだと思っているんだ!」とか

ご飯を食べさせようとした時「トマト」のサインをしてくれれば

「お米じゃなくてトマトが食べたいのね。」

といった具合に。

お互い通じ合えるのはかなり助かってます。

名詞の他に感情や感覚的なものも分かるようになってきました。

「いたい」「かわいい」はヘビロテサイン。

覚えてくれて嬉しいのは「きたない」

あごの下で指を動かして、なんとなく嫌な感じを表現するのですが

外出先で触ってほしくないものを説明する時に助かってます。

地面のゴミを触ってしまった時。

「きたない」のサインを見せて

「汚いから触らないで」と伝えました。

すると、娘も真似してサインを返してくれたのですが…

口に手が入ってるー!!!

まだうまくサインが出来ない娘は

手をあごの下に持ってくるのが上手くできず口の中に入れてしまったのでした…

ぎゃーーー!ってなった。

「汚い」の意味はまだまだ理解できないのですね…笑

みなさまお気をつけて~!

以上、「汚い」というベビーサインが本当に汚かった話でした

*