6年乗った廃番の自転車と2021年モデルの新型電動自転車を乗り比べてみた。

BRIDGESTONEとYAMAHA乗り比べ

左:YAMAHA PAS with 右:BRIDGESTONE アンジェリーノプティット

6年前の廃番品と最新モデル…

比べるもんじゃないかもしれない。

でも、新しいものが絶対良いってわけじゃなかったの。

試乗じゃなく、実際に生活の中で使って気づいたポイントを記録していきます。

自転車選びでお悩みの方、私の気づいたポイントも一緒にチェックしてみてくださいね。

■サドル

試乗じゃ気づかなかったポイントにサドルの違いがありました。

6年乗ってきたBRIDGESTONEのサドルは、大きくてお尻が滑りません。

クッションも多め?お尻を大事にしてくれる。

一方のPAS withは硬い!着ている物によってはスルスルお尻が滑りました。

これ、お尻がズレるのは漕ぎにくいのでサドルは交換するか、カバーをかけるかします。

でも!

PAS withのサドルの良いところもある!

実は気づかずにやっていることの一つに《サドルの後ろをもつことが多い》ということ!

試乗じゃまずやらない。

でも日々の生活ではサドルの後ろをもって自転車を動かしたり、スタンドを立てたりする。

PAS withのサドルは、掴むところがめーーーちゃめちゃ掴みやすい!

無意識にサドル持って動かそうとしたとき、あまりの違いに「わぁ!!!」って声に出して感激した。

グリップ?がいいというか、掴みやすいし手が痛くない。

BRIDGESTONEのアンジェリーノは硬くて、持つように作られていなかったので、違いがすごかったなー。

自転車選びの際はサドルの後ろ!是非チェックしてみてください。

■サドルとペダルの距離

これは単純に慣れの問題だと思うんだけど…

20インチで小さいはずのアンジェリーノですが、24インチのPAS withより長かったんです。

なので、サドルとペダルの距離が遠かった。

それに慣れていたので、PASに乗った時はサドルの真下にペダルがあるような感覚でちょっと漕ぎづらかったです。

いつものように漕ぎ出すと、ペダルの位置がかかとになっちゃう。

そのくらい違います。

これは早く慣れたい…

■段差が!!!

一般道を走らないと分からない事って沢山。

20インチで太いタイヤだったBRIDGESTONEのアンジェリーノ

ハッキリ言って乗り心地は最高だったんだなーと思いました。

なぜかというと、24インチで普通のタイヤのPAS withで一般道を走るとガタガタする!

段差の振動が大きい。

路面の状態がダイレクトに体に伝わってきます。

こんなに違うものか…と驚きました。

というか、普通はこんな感じだったよね。

今までがすごすぎた。

たまに街中ででっかいタイヤの自転車を見かけるけど、きっと乗り心地良いと思うな!

子供乗せで、振動をできるだけ和らげたい人は太いタイヤが絶対オススメ!

パンクもしにくい。

電動アシスト付き自転車を買うべき理由

 

*