3歳の娘と「死」について話し合った結果

育児ブログぷっぷくほっぺにようこそ!
ぷっぷくの母、きょうこです。

【お知らせ】
ブログにいただいたコメントとfacebookpageへのコメントにお返事しました!
スルーされてる!という方は、お手数ですがご一報ください…

———————————–

怒られたりして大泣きした後は
“おばあちゃんが死んじゃったから泣いちゃったの”と

泣いた理由を祖母や祖父の死に
すり替えることが多かったぷっぷく

関連記事:辛いことをすり替えているの?ちょっと心配な娘のクセ

2ヶ月という短い期間に
大切なおじいちゃん、おばあちゃんを
亡くしたというのは
子どもにとっては
かなり印象的だったようで

やっぱり「死」については
敏感だなぁと思うことが多いです。

例えばアニメや
「世界の名作絵本」では
よくお母さんが亡くなるんですよね

それをとても怖がって
「おたーたんはいつちむ(死ぬ)の?」
と聞いてきます

「まだまだ死なないよ。」と答えていましたが

「おたーたんは ちなない?」と聞かれたとき
「お母さんもいつかは死ぬんだよ」と言ってしまいました

それ以来
数回ですが

夜中に突然
「おたーたん ちなないでっ!!」

うなされるというか
私にしがみついてくることがありました

280409_6.jpg

祖母を交通事故で亡くした私としては
いつなにがあるか分からない
という気持ちもあり

「いつかは死ぬ」と言ってしまいましたが

まだ幼い3歳の娘には
ハードルが高すぎたのかなあ…と
悩んでいます。

こういうことって
幼い子どもは
「まだ小さいから分からないだろう」とされることが
多いと思うのですが

子どもはちゃんと分かっているし
考えているんだなと改めて思いました。

なんて答えるのが正解だったのかなぁ…

20150417_5.jpg にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
20150417_4.jpg
スペース

フェイスブックページで
ブログ更新をGET!

ツイッターデビューしてみました。

スペース

スペース


 

*