「娘が幼稚園を嫌がる」の続編~娘に恥ずかしいと言われた●●の探し方~

育児ブログぷっぷくほっぺにようこそ!
ぷっぷくの母、きょうこです。

前回(娘が泣きながら幼稚園を嫌がる。その理由とは…)の続きでございます。

「お友達の仲間に入れてもらえないから幼稚園に行きたくない」というお話でした

話を聞いてみるとどうやらプリキュアごっこをやっている2人組のお友達が仲間に入れてくれないらしい。

入園初日は「プリキュアごっこしたの~!」と嬉しそうに話していたので、初日は試しに仲間に入れてくれたのかもしれませんw

仲間に入れてくれたことがあるから、なおさら拒否られてることが悲しいようです

こんな感じらしい↓

子どもは素直だからさ「やだー!」とか言っちゃうんだよね…涙

ここまで話を聞いて…

こんな感じで話してみました

・お友達は今はぷっぷくと遊びたい気持ちじゃないんじゃない~?ぷっぷくも、そういう時あるじゃん?
・お友達はその子たちだけじゃない。もっと楽しい事してる子いるかもよ??

だからね、「やだー!」って言われたら
「わかったー!またねー!」って言えばいいのよって。

またねー!って言った後はこうするのよ!って教えました。

その名も…

宝探しゲーム!
↓↓

その場で周りを見渡す!

そして気になることをしてる子を探すの。

そしてまた声をかけるのよ~って教えました。

声をかけて断られたらまた「ウィーン」って望遠鏡で探してごらん?

探して全員に断られたら「先生遊んでー!」って言ってごらん

そう話しました。

すると…

「ちょ、望遠鏡は…むり。恥ずかしいよ…」

ダメ出しくらったー!w
​というわけで望遠鏡は却下されましたが

断られる→周りを見渡す
「宝探し」には興味深々♪

極めつけは
「こっそり宝探しやってごらん?ぷっぷくだけが知ってる楽しいお友達の探し方だね!」

この秘密系の一言で
泣き顔だった顔が見る見るうちにテカテカ笑顔に!

その後、笑顔で幼稚園へ行ってくれました

「宝探し順調?」と聞くとニコって笑って「望遠鏡はやらないよ?w」と言われました

宝探ししてる娘を想像するだけで萌え…

子どもって視野が狭いから、楽しいことも辛いことも目の前にある事ばっかりになっちゃう。

見渡すと世界は広いよ?楽しい事他にもあるよ!って知ってほしい。

幼稚園でお友達ができないなら他の場所で作ればいい!
世界はココだけじゃないのよ。
それだけは伝えたいですね。

あたりまえの事と言われていることがどんどん変わってきている。

そもそも同じ人間がいない時点で
当たり前なんてないわけですよ。

たまたま同じ幼稚園に居合わせただけだから。

気が合わない子がいるのも当たりまえ。

最近はおかげさまで宝探しすることもなく、遊べているそうです。
本当の宝が見つかったのかな?

ぷっぷくと遊んでくれるお友達ありがとう!
だいすきだよー!

*