娘、決死の告白…

育児ブログぷっぷくほっぺにようこそ!
ぷっぷくの母(@ky0nzi)きょうこです。

娘、決死の告白でございます…

あれ?元気がない?と思ったら
深刻な顔をして


二人しかいないのになぜか部屋を移動させられる…w

誰に聞かれるでもないのにね。

これはまた何か困ってるなと思い
何も聞かずについていきました。

すると…

どうやら幼稚園の園庭で
「一緒にあそぼ」と言われたそうなのですが

いれてあげなかったそうなのです。

それがモヤモヤして悩んでいたらしいです。

「どうしよう。」と言われました

多分それが素直な感想だと思います。

やってはいけないと分かっていることをやってしまった。

後で冷静になって「やばい」と感じている感じでした。

あとは「おかあさん、すごいおこるんじゃ…」というオドオドした感じもありました笑

私の第一声は…

「話してくれてありがとう」

嬉しかったです。
本当なら秘密にしておきたい話…

話してくれて嬉しかった。

「ぷっぷくも分かってると思うけど、仲間に入れてもらえないと、かなしいよね。」

「自分がイヤだなと思うことは、お友達にもやらないようにしないとだね。」

娘は頷いていました。

話してくれた時点で反省しているので怒ったりはしませんでした。

ココで怒ると悪いことしちゃった時に言えなくなる気がしたのです。

かなり正義感が強い娘

私は幼稚園で既に仲間外れしたりされたりを繰り返しているものだとばかり思っていましたが

もしかして、初めて仲間外れしちゃったのかもしれません。

つまり
仲間外れにしちゃった後
どうすればいいのか分からないのです。

それに悩んでいました。

後も何も、子どもなら翌日自然と遊べるものだとばかり思っていましたが、娘はそういうところ細かいようです。

「昨日はごめんね、一緒に遊ぼう!」って誘ってみたら?とアドバイスしました。

結果

お友達…仲間外れの一件、覚えてなかったようです★

そんなもんだよね!

いろんなことをたくさん経験して
やさしい子になってほしいです

以上
娘、決死の告白…でした

*