「こんな風に育てた覚えはない」4歳育児と読ませたい詩集

育児ブログぷっぷくほっぺにようこそ!
ぷっぷくの母(@ky0nzi)きょうこです。

こんばんは。
毎日寒いですが、娘は欠かさずスカートを履いています。

昨日のコーデ

ヘアゴム→ディズニーストア
トレーナー→西松屋
スカート→リサイクルショップ
靴下→しまむら
スリッパ→しまむら

今日はこちら。

つま先まで乙女なのがよくわかるw

かわいいを追求しすぎて
腕はおかしな方向を向く。

ヘアゴム→ディズニーストア
カーディガン→イオン?
デニムスカート→LAGOM
靴下→しまむら

全身全霊かわいさ、美しさを追求する娘に
日々感激しております。

私は娘が小さいとき
緑とかシマシマとか着せてたの。
(私の好みで)

それなのに物心つくと
ちゃーんと自分の好きなようになるんだなぁ

こんな風に育てた覚えはない。
(いい意味で!)

当たり前だけど
親子で顔は似ていても
性格、心は別物

自分と同じだと思っちゃいけないなぁ。

私は幼稚園の時
好きな子なんていませんでした

一人で遊ぶのが結構好きだったのもあるかなー?

逆に娘はお友達と遊ぶのが大好き!
好きな人もいる♪

今日は長文のお手紙を頑張って書いていました。

文字を書くことがあまり好きではない娘でしたが

「●●くんのためならがんばれるっ」
「ああ、てがいたい…」等
呟きながら頑張っていました。

書き終わった恋文があまりに素敵だったので(娘に許可を取り)ご紹介します。

ありがとう
おてがみいーっぱい
ありがとう
こんどうちに
あそびにきてね
だいすき

(手裏剣のプレゼント付)

最初の
「ありがとうおてがみいーっぱいありがとう」が素敵すぎて

私が一番好きな詩
(金子みすゞ さんの「犬」)と同じくらい好きになりました。

気持ちがこもっている言葉は無敵ですね。

当ブログも娘を見習って、いーっぱいありがとうな気持ちで日々を積み重ねていきたいものです。

娘よ
今日もいーっぱいありがとう

これからもお母さんが「こんな風に育てた覚えはないっ!」って言っちゃうような

想像の斜め上を爆進する娘でいてください

▲おゆうぎ会に備えてパックをする娘

おやすみなさい(´-`)

金子みすゞさんの「犬」は
わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集に入っています。

我が子に読ませたい詩集NO.1

*