【4歳小児斜視】点眼薬で瞳孔を開いて検査!子供が怖がらない目薬のさし方

育児ブログぷっぷくほっぺにようこそ!
ぷっぷくの母、きょうこです。

前回(サードオピニオン受診!検査員さんとの相性)のつづき

【はじめましての方へ 】
今回は小児斜視についての記事です。 

娘の斜視に気づいたのは1歳半ぐらい。 
瞳の視点がずれてしまうことがあり、2歳から眼科に通っています。 

娘の瞳(両目)には間欠性外斜視と交代性上斜位、2種類の斜視の症状が出ています。 

紆余曲折ありまして、手術せずにメガネで矯正する治療方針の眼科に転院しました。

関連記事

【3歳小児斜視】この眼科無いわ。って思った瞬間

転院先の眼科で、眼鏡を作るための検査について書いていきます。

【4歳小児斜視】点眼薬で瞳孔を開いて検査!子供が怖がらない目薬のさし方
【4歳小児斜視】点眼薬で瞳孔を開いて検査!子供が怖がらない目薬のさし方

娘と行った3つめの眼科。
新しい眼科では、初めてやる検査がありました。
その名も…散瞳薬点眼による眼底検査

眼底を検査するためには、瞳(瞳孔)を大きく開いて目の奥の広い範囲を調べる必要があります。
人間の目はまぶしさを防ぐため、光が当たると瞳が小さくなり目に入る光の量を抑える働きを持っています。そこで、その働きを一時的に弱め瞳を大きく広げる薬を点眼して検査します。

 

ちなみに眼底検査では網膜の病気などがないか調べられるようです。

でも、4歳児に目薬って…できるの?!

何を隠そう私…
目薬をまともにさせたことがありません!

そもそも目に指が近くなるのも無理!
コンタクトしてる人尊敬する…

一昔前、眼科で目に風が当たる検査やったんです。
あれはいったい何の検査なのかよく分からん。

その時もどうしても目を閉じてしまい、最終的に検査員さんにこじ開けられるというトラウマを持つぷっぷくの母…

親がこんなんだから
うちの子、目薬できるのか?と心配しましたが

検査員さんの言う通りにやってみたらすんなりできちゃいましたよ~

その方法がズバリ、こちら!

【4歳小児斜視】点眼薬で瞳孔を開いて検査!子供が怖がらない目薬のさし方
【4歳小児斜視】点眼薬で瞳孔を開いて検査!子供が怖がらない目薬のさし方

いたってシンプル
抱っこして椅子に座り
そのままリクライニングのように寝かせる。

そして検査員さんが目薬をDrop!!!!
サラッとできちゃいました

「お母さん、一度も目薬させたことない!ぷっぷくすごいね!」と褒めるとかなりのドヤ顔でした

ちなみに眼底検査の目薬は10分おきに数回点眼して約30分〜1時間後に検査します。

娘の時は3回だったかな?ちょっと記憶があいまい。

褒めちぎっといたんで、両目あわせて6回?
自信満々な表情でこなせましたw

こどもの純粋さには救われるなぁ♪
ぷっぷく、お疲れ様。

ちなみに散瞳薬点眼による眼底検査では
目薬の効果が約3〜6時間続きます。
症状
・細かい文字などは読みにくくなる。
・まぶしくなる感じる。

娘にメガネのカタログを見せようとしても
「ぼやけて見えないぃ~」と言っていました。

大人の方は車のバイクの運転はNGです!

散瞳薬点眼の日は要注意でーす!

次回は

検査結果と先生からのお話。そして…眼科から宿題が出る?!

お楽しみに~!

*